ホテルが付いた自然学校
〜白山麓の山里で どなた様でも遊べて泊まれます〜

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

05769-6-1187

受付時間 9:00~18:00

リレーブログ「”やってみたい”を大切に」

工藤 伸也

こどもキャンプに携わって4年目。まだまだ経験は浅いのですが、私がこどもと接する時に大切にしていることをまとめました。

こども「これやってみたい!」

大人「危ないからだめ。」

 

このフレーズに聞き覚え、ありませんか?

親と子、先生と生徒など、大人とこどもが関わる場面でよく耳にしますよね。

これはキャンプでも頻繁に起こります。

アウトドアという環境の中では様々な危険があり、大人は知っているからこそ教えてあげなければいけません。

怪我を負わせるわけにはいけませんので、私はとても大切なことだと思っています。

 

しかし、大人のみなさん。

危ないのではなく「片付けが面倒だから」「疲れるから」という理由で「だめ。」と言うこともありませんか?

こどもの興味関心は無限大。

いろいろなことに興味を持つので、それら全てに答えてあげるのはとても大変ですよね。

ですが、自分で「やってみたい」と思ったことが、できた時の笑顔はまるで太陽のような輝き。

本当に楽しんでいる瞬間なのではないでしょうか。

私はキャンプ中、できる限り大人の事情でこどもの「やってみたい」を断らないように心掛けています。

 

この写真は、去年の夏、「クワガタ探偵キャンプ」での一コマ。

私が、こどもたちに水をかけている瞬間です。

 

その日はとても暑く、こどもたちは私に「水をかけてほしい」と言ってきました。

その時、私の脳裏には「水着でもない服がぬれたら着替えて乾かさないと、少し面倒だなあ」とよぎりました。

しかし、「気持ちよさそうだし、やってみるか」と思い直して挑戦。

思いっきり水を何度もかけてあげました。

すると、ちょっと自慢げなこの笑顔。

全身びちょびちょになりながら、みんな楽しんでくれました。

結果として、心配していた服も自然と乾いていまい、熱中症対策にもなって、やってよかったと思っています。

 

キャンプはこどもたちにとって特別な時間。

初めての環境でいろいろな興味を持ち、それをやってみる。

その経験が将来に活きるのだと私は信じています。

これからもこどもたちの「やってみたい」を大切にするキャンプを作っていきたいと思っています。

 

 


 

▼リレーブログをもっと読む

リレーブログ「子どもが目を輝かせる魔法の言葉」

 

この記事のシェアをお願いします!

コメント

July 2020
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログ内検索

自然學校オリジナル商品
ページトップに戻る