学校長 山田 俊行

みなさまのおかげで10周年

こんにちは。
學校長の山田です。

このたびトヨタ白川郷自然學校は10周年をむかえることができました。
これもひとえにご利用いただいた皆様を
はじめ地元白川村の方々、全国の自然学校・アウトドア事業・環境教育関係の皆さまのおかげです。
この場をお借りしまして深く感謝申し上げます。

さて私たちは、「共生」という理念を胸に抱きながら
訪れた方々に自然を全身で満喫いただき
あるいは自然の営みや叡智に気づいていただくことに取り組んでおります。
その背後には、そのことがきっと一人ひとりの人生を豊かにするだろという願いが込められております。
このことは広い意味において、人づくりの一部だと私たちは考えています。

キャッチフレーズは「大人はトレイルを歩こう。子どもは森でたくましくなろう」。
大人が心身ともに健康になっていくことのお手伝いと、
子どもたちの成長のお手伝い。
ここで大切にしているのは「共育」。
教え教えられるという関係を超え、
共に育ち育てあうという関係のもと
アウトドアフィールドで皆さまと共に
未来のための人づくりに取り組んでまいりたいと思います。

そして日本中で自然体験やアウトドア体験を楽しむ風景が広がることが「共生」を象徴する風景となるよう、その実現に貢献していきたいと思います。

これからの10年についても皆様から温かいご支援に加え、
ご指導ご鞭撻も賜りたく存じます。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


トヨタ白川郷自然學校 イメージ

運営について

NPO法人白川郷自然共生フォーラム

トヨタ白川郷自然學校を運営するNPO法人白川郷自然共生フォーラムは、地域、NGO、企業が三位一体となって地球環境を取り巻く課題に地道に取り組むという、我が国では珍しい組織形態のNPO法人です。

三者のそれぞれの強みを生かし、「Think Globally Act Locally」という精神で環境教育の普及・啓発及び、地元白川村はもちろんの事、幅広い地域の自然環境保全に貢献していく事を目的として設立しました。

当法人の設立趣旨に賛同される方、共同で課題に取り組んで行こうという方を対象に会員募集をしております。

幅広い方面の方々の参加をお待ちしています。