ホテルが付いた自然学校
〜白山麓の山里で どなた様でも遊べて泊まれます〜

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

05769-6-1187

受付時間 9:00~18:00

白川郷周辺の渓流釣りポイント

その他スタッフ

仕事終わりでも釣りを楽しむ、事務局長の加藤です。

御母衣ダムの上流部の荘川が渓流釣り、鮎釣りのポイントとして有名ですが、白川郷の近くにも多くの渓流釣りのポイントがあるので今回は、荘川(本流)を重点に紹介します。

私も含めて一般的には、白川郷周辺は、ダムが多く渓相がよくない、またV字谷が多く入渓が難しいこともあり敬遠されていましたが、釣行を重ねると素晴らしい渓相とポイントがあることに気が付きました。私は餌釣り、テンカラ(和式毛バリ)ルアーと渓相や季節ごとに釣法を使い分けていますが、今回紹介するポイントは、どんな釣法もOKです。この地図は、庄川漁協が発行している案内図ですが、一番のお勧めは、世界遺産の荻町から入渓して鳩ヶ谷ダムまでの約2KmのA区間です。

 

 

 

この区間は、荘川上流部と異なり国道からもちょっと離れており、また頻繁な瀬渡りも必要なく、荒瀬、瀞場、大渕が続く変化に富んだ素晴らしい渓相です。

(鳩谷ダム下流域の渓相)

 

また、地図上B地点の椿原ダム上流、下流域もお勧めです。比較的ダムの放流量が多く、ルアーには最適な渓相が続きます。

 

 

小ぶりですが、パーマークが綺麗な山女や、岩魚が釣れます。

日本の渓流には、山女、岩魚が良く似合いますよね。日本の渓相に合った

奥ゆかしさと、上品さが魅力です。

 

たまには、こんな大物(ブラウントラウト)も釣れます。

ブラウントラウトは、その派手な色目と獰猛な捕食性から、とても日本の渓流には相応しくない外来種で、ヨーロッパおよび西アジア原産のマス類です。
成長すると強い魚食性を示し、各国において本来の生態系に悪影響を与えているとされています。日本の侵略的外来種ワースト100にも選定され、外来生物法において要注意外来生物として扱われています。

白川郷の渓流にも進出しており、岩魚、山女等の稚魚を捕食し、日本の固有種の脅威となっています。庄川漁協は、ブラウントラウトを引取るなど、外来種駆除を推進しているところです。

 

白川郷周辺の渓流は、魅力満載です渓流釣りをやる方は、一度お声掛け下さい。詳しい入渓ポイントや危険区域等をご案内致します。

(自然學校のフロントでは遊漁承認証(年間証・日釣証ともに)を販売しています。)

 


 

▼関連ブログを読む

テンカラ事始め

 

▼関連情報

マス釣りチャレンジ(体験アクティビティ)

遊漁権販売

スタッフ紹介

 

この記事のシェアをお願いします!

コメント

May 2020
M T W T F S S
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

自然學校オリジナル商品
ページトップに戻る