ホテルが付いた自然学校
〜白山麓の山里で どなた様でも遊べて泊まれます〜

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

05769-6-1187

受付時間 9:00~18:00

こんな時だからこそ・・・

黒坂 真

森から帰ったら、手洗いうがいをしよう!

最近は新型コロナウィルスの影響により、世界各地で「外出の自粛要請」が相次いでいます。日本では様々な地域で学校が休校となり、自宅待機による子どもたちのストレス増加のニュースを連日のように目にします。新型コロナウイルス対策の専門家会議では急速な感染拡大を防ぐために、日常生活の中で行うべきことは、これまで集団感染が確認されたケースに共通する、次の3つの条件が同時にそろう場所や場面を避ける行動をとることを促しています。

 

1つ目は「換気の悪い密閉空間」、2つ目は「多くの人が密集」、3つ目は「近距離での会話や発声」。これを見て、私は思いました。「あれっ、外出自粛する必要ないのでは?」と。むしろ、天気が良い日は外に出かけたほうが良いのではと思いました。

 

3月のこの時期、例年では休日は娘の要望に応えてアニメの映画を見に行くのですが、今年は新型コロナウィルスの影響でその映画は公開延期となっていました。そこで、先日は残念がっている娘と息子を連れて、サッカーボールを持って、キャンプ場併設の森に囲まれた公園に行ってきました。天気も良く、心地よい気候で、サッカーボールを蹴って走りまわる娘と息子の笑顔を見ることができ、穏やかで幸せな1日を過ごせました。

 

「災い転じて福となす」という言葉がありますが、意味を調べると、「災難にあっても、うまく活用して、しあわせになるようにする。」とあります。私が働く自然學校でも、新型コロナウィルスの影響で、1月下旬頃から現在に至るまで宿泊者数が減少傾向にあります。ただ、視点を変えてみると、あることに気が付きました。私たちの活動フィールドのほとんどは森です。私が暮らしている白川村は面積の約96%を山林が占めており、村の大部分が森です。森は「換気の良い開放空間」で、「人口密度が低く」、「近距離での会話や発声などが少ない」場所です。さらに、自然學校は施設自体も空間が広く、吹き抜けの天井でゆったりとしているロビーやレストランなどもあります。「あれっ、今、自然學校イイじゃん!」

 

 

学校が休校となり、ストレスが増えているお子様が自宅にいる!という方々がおりましたら、ぜひ自然學校に遊びに来てください!自然學校には開放的な施設と、元気に走り回れる広場、深呼吸できる新鮮な空気、おいしい水があります。そして、ゆったりくつろげる森があります。

 

 

 

トヨタ白川郷自然學校ではたくましい心を育む子どもキャンプを行なっています。今回の新型コロナウィルス感染症だけでなく、地球規模でのスーパー台風の発生や豪雨災害など今までにない異常事態が頻発している昨今ですが、そういった急激な変化にも負けないで、その変化を事実として受け入れ、主体性を持って前向きに生きていける人を、子どもキャンプを通して、育てていきたいと考えています。また、私自身もそうありたいと願って、日々活動しています。

 

GW親子キャンプ

 

この記事のシェアをお願いします!

コメント

December 2020
M T W T F S S
« Oct    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログ内検索

自然學校オリジナル商品
ページトップに戻る