ホテルが付いた自然学校
〜白山麓の山里で どなた様でも遊べて泊まれます〜

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

05769-6-1187

受付時間 9:00~18:00

お茶の間ネイチャーガイド -森の穴 湧水の穴編-

加藤 春喜

今年は雪が少なかったので、夏の水不足が心配です。

自然學校から30分ほど歩いた山の中に、こんこんと水が湧き出る穴があります。ここは富山湾に注ぐ庄川の小さな支流、馬狩谷の源流の一つです。

 

 

この穴から山の尾根までの標高差は60mほど。それほど広大な森があるわけではありませんが、しばらく雨の降らない日が続いても、絶えることなく水が湧き出しています。

 

 

「森は緑のダム」とも云われますが、そもそも、なぜ森は水を貯えることができるのでしょうか。ちゃんと答えられないと3才児に叱られてしまうかもしれません。(笑)

 

実は森の「土」にその秘密が隠されているのです。

森の土をスコップですくって篩(ふるい)にかけると、大小さまざまな土の粒が現れます。森に雨が降ると、この団粒と呼ばれる土の団子の隙間に雨水が入り込み、水の表面張力によって滞留し、土の団子や木々の根に吸収されながら、ゆっくりと岩盤などの水を通さない地層にまで下っていきます。

 

 

トヨタ白川郷自然學校では、電源開発㈱と協働で小学生親子を対象に「水の旅をたどって学ぶ」エコ×エネ体験ツアーを催行しています。そこでは、この源流を訪ねて土の団子ができる森の秘密をひもといたり、自分たちでダムをつくり水力発電に挑戦したりしています。

 

https://www.jpower.co.jp/ecoene/hydraulic/

 

木漏れ日や水のせせらぎの音が奏でる‘ゆらぎ’は、私たちをリラックスさせる効果があると云われています。よろしければ、しばし、源流の森の音に包まれるひとときをお過ごしください。

 

 

この記事のシェアをお願いします!

コメント

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログ内検索

自然學校オリジナル商品
ページトップに戻る