ホテルが付いた自然学校
〜白山麓の山里で どなた様でも遊べて泊まれます〜

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

05769-6-1187

受付時間 9:00~18:00

生命の巡る田んぼ

黒坂 真

今回は自然學校の小さな田んぼに纏わるお話です。

1

出勤時、ほぼ毎日、朝一番にする仕事があります。それは、田んぼへ水を送るためのバルブを開くことです。私の仕事の始まりは、いつも田んぼの見まわりから始まります。

 

自然學校の敷地内にある小さな田んぼ。5月中旬に田植えを行ない、それから約2ヶ月。植えられたときは15cm程の小さな苗だったイネも、2ヶ月も過ぎると約70cmにもなり、たくましく立派なイネへと育ってきています。この自然學校の田んぼでは、農薬や化学肥料に頼らず、田んぼに棲んでいる生きものの力を借りてお米を育てる「生物資源型」農法の“不耕起冬期湛水稲作” に挑戦しています。

 

 

この農法は土を耕さず、冬も水を張ったまま。その結果、田んぼの生態系が維持され、生きものがどんどん増えていきます。自然學校の田んぼを始めてから今年で13年目。今ではいろんな生きものが田んぼを訪れるようになり、今までの生物調査ではカエルが7種、トンボが11種、水生昆虫が6種、ヘビが4種、鳥が6種、哺乳類が3種確認されています。

なかでも、生態系の頂点にいる、タカの仲間のノスリが訪れたことは、自然學校の田んぼが、森の多くの生きものが集うビオトープになっていることを物語っています。

 

 

最近、この田んぼでは虫とり網や虫かごをもった親子をよく見かけます。トンボを捕まえようとしているのでしょうか。また、先日実施されたこどもキャンプでは、夜に田んぼに出かけました。到着するとすぐに、こどもたちから歓声があがりました。暗やみのなか、ヘイケボタルが点滅して、田んぼ周辺を幻想的に明るく照らしていました。このように、田んぼはたくさんの生きものが生息できる重要な空間であり、人間にとっても「お米づくり」や「子どもの遊び場」として大切な空間だと思います。

 

一般的に田んぼは、お米をつくる以外にも様々な機能があると言われています。雨水をためることで洪水を防止する機能や、たまった水が時間をかけてゆっくりと地下にしみこみ、川に戻ったり、地下水になったりする、水資源のかん養、また、イネは、窒素やリンなどの水質を悪くするものを吸収するので、水質を浄化するはたらきがあるとも言われています。

 

さまざまな多面的機能をもつ田んぼ。私は微力ながら、自然學校の田んぼ担当として、この小さな田んぼを今後も守り続けていきたいと思っています。そんなことを思いながら、今日も生きものとの偶然のであいを楽しみに、田んぼの見まわりをするのです。

 

この記事のシェアをお願いします!

ページトップに戻る