Experience outdoor natural beauty in a family-friendly hotel.

ホテルが付いた自然学校
〜白山麓の山里で どなた様でも遊べて泊まれます〜

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

05769-6-1187

受付時間 9:00~18:00

アカハライモリのお腹模様

棟方 瑠美

最近アカハライモリに夢中です!

様々な生きものが活発に動き始め、森の魅力は増すばかり。

 

そんな中でも、私の最近のマイブームは『アカハライモリ』です。つぶらな瞳、可愛い手足、大きな尾で上手に泳ぐ姿・・・そしてお腹の模様が魅力的!

そもそもアカハライモリとは?

本州、四国、九州と日本に多く分布している両生類です。

 

お腹が赤いことから「アカハラ」の名前がきており、赤い理由は敵に毒を持っていることをアピールする警戒色。フグと同じテトロドトキシンという毒を持っています。

 

栃木県日光市にある『両生類研究所』で、全国の『アカハライモリのお腹マップ』という展示を見たことがあり、そこで地域によって模様が異なると知って気になっていました。白川郷のイモリはどうなんだろうと思うと、いてもたってもいられずお腹調べを決行しました。

 

今回21匹のイモリの皆さんにご協力いただき、お腹の柄を見せてもらいました。

 

1匹1匹お腹を見てみると、ほとんど模様がなかったり、模様も点の様に細かいものに大きいものと様々でした。

ちなみに、前述した全国の『お腹マップ』で岐阜県のは牛のようなぶち柄模様のイモリが代表で載っていました。

もっとたくさん見なければ分かりませんが、地域で個体差があるようです。

 

今回のお腹模様の中で私のお気に入りを3匹ご紹介します。

 

1匹目は、黒を基調とした波模様が素敵!私はこの子に今回一番惹かれました。

2匹目は、お腹の真ん中にどーんと「N」の文字。名前!?なにかメッセージ性が!?このシュッとした体のバランスも非常にかっこいい。

3匹は、あごにチューリップが咲いているように見えませんか?なんておしゃれなんでしょう!胸あたりも音符♫にも見えます。

こんな風にイモリのお腹模様はそれぞれ違いがあることが分かり、上からみても可愛いですが、下から見る魅力も体感しました。

このお気に入り3匹をこえるイモリを探し続けていこうと思います!

 

この記事のシェアをお願いします!

コメント

  1. ゆう より:

    こんにちは。
    楽しい記事をありがとうございます。
    爬虫類好きの娘9才より質問です。

    爬虫類を好きになったのは何故ですか?
    一番の魅力は何ですか?
    私はカナヘビを飼い始めたので、爬虫類に
    興味を持ちました。
    爬虫類の楽しいところをたくさん教えて
    下さい。

    • トパー より:

      赤虫はあげすぎるとイモリの体に悪いです。4~5日に一回くらいが丁度良いですが、今はイモリの体にいいエサが沢山あるので、そういうペット用の餌を二日に一回くらいのペースで上げつつ、赤虫を月に一回のご褒美であげるくらいが丁度良いかと…(赤虫に味を占めていると思うので、最初のうちは食べてくれないと思いますが、食べてくれるようになるまでは毎日あげて、水槽の水替えや食べ残された餌の回収をキッチリやりましょう。一週間もそれを続けていれば食べてもらえるようになると思います)
      お腹の色は老化の影響です

    • トパー より:

      イモリは両生類です

  2. 棟方瑠美(びっきー) より:

    ゆうさん

    こんにちは。コメントありがとうございます!
    両生類(イモリやカエル)が一番好きで、4歳頃に卵から孵化させてカエルになるまで育てました。
    そこでオタマジャクシからカエルになっていく過程や、カエルの可愛さに魅了されてしまいました。
    魅力はありすぎて、ここで書くとブログの本文より長くなってしまいそうです(笑)ですから、ここでは“全て“とさせてください。

    爬虫類もあまり詳しくないですが、好きです。
    私が好きなところは、やはり人間やカエルにはない鱗です。
    ツヤがあるのも良いですが、ツヤのないざらざらしたヘビの方が好きです!
    カナヘビもそうですが、目がキリッしていてかっこよいですよね。

    お答えに不足があったらごめんなさい。ご質問ありがとうございます!

    • 水本健太郎(ケン坊) より:

      コメントいただきありがとうございます!
      生き物大好きケン坊です。

      12年もイモリを飼育しているなんてすごいです!
      私もまだまだ勉強中の為これが原因ですとは言い切れませんが私の考えを述べさせていただきます。
      両生類の仲間は様々な色素を持っており、環境の変化などにより色が変わることがあります。
      それはレイアウトであったり水温の変化、照明の位置など様々な原因が考え得られます。
      また、成長することにより色素が薄まるということも考えられます。

      レイアウトなどを変更してから色が変わったということであれば、元のレイアウトに戻してみるといいかもしれません。
      成長による色素の生成が少なくなってきているのであれば赤色の色素を多く含んでいる餌を与えてみてはどうでしょうか?熱帯魚用の餌の中には発色をよくするための成分がはいいているものがあります。
      しかし、あくまでも熱帯魚用の餌なのでイモリの体に合わないようでしたら普段の餌に戻してあげてください。

      お力になれているのかわかりませんがお試していただいて結果を教えていただけると幸いです!
      これからもお家のイモリちゃんを可愛がってあげてください!

  3. 匿名 より:

    はじめまして。私もイモリが好きで、12年以上飼っていますが、だんだんお腹の赤い色が退色してきました。エサは冷凍赤虫だけをあげています。
    何か、お腹の赤い色を復活させる方法をご存知でしたら教えてください。

  4. トパー より:

    赤虫はあげすぎるとイモリの体に悪いです。4~5日に一回くらいが丁度良いですが、今はイモリの体にいいエサが沢山あるので、そういうペット用の餌を二日に一回くらいのペースで上げつつ、赤虫を月に一回のご褒美であげるくらいが丁度良いかと…(赤虫に味を占めていると思うので、最初のうちは食べてくれないと思いますが、食べてくれるようになるまでは毎日あげて、水槽の水替えや食べ残された餌の回収をキッチリやりましょう。一週間もそれを続けていれば食べてもらえるようになると思います)
    お腹の色は老化の影響です

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログ内検索

最近のコメント

ページトップに戻る