ホテルが付いた自然学校
〜白山麓の山里で どなた様でも遊べて泊まれます〜

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

05769-6-1187

受付時間 9:00~18:00

森でカッコよく生きる!ブッシュキャンプに挑戦!

工藤 伸也

森で活きるスキルをご紹介

自然學校周辺の森のなかで「ブッシュキャンプ」に挑戦してみました。かっこよく言っていますが、テントなどの便利な道具を使わない、ただの“野宿”です。

 

まずは、枝と落ち葉でシェルターづくり。「ブッシュキャンプ」では雨や風から体温を守る方法が最も重要です。殺菌作用のある杉の葉で寝床も作りました。

 

森の中での焚き火はとっても危険で、山火事にならないよう注意が必要です。今回は焚火用に穴を掘りました。

 

ガマの穂を焚きつけ材に。ファイヤースターターを使って火熾しを楽しみました。

 

夜の森で怖いのは何といっても野生動物。クマやイノシシが近づいて来ないよう「ウルフピー(オオカミのおしっこ)」をシェルターの周り4か所に設置。

 

晩ご飯として、栗の炊き込みご飯と石焼きステーキ、デザートにサツマイモも焼いて食べました。

 

普段味わうことのできない体験を楽しむことができ、「こんなところで寝るのか~」と嘆いていたメンバーも疲れがたまっていたのか、シェルターに潜り込むとすぐに寝てしまいました。ブッシュキャンプは人を“ワイルド”に変えてしまう力があるようです。

 

この記事のシェアをお願いします!

コメント

  1. ヘソッチ より:

    いいなぁむっちゃ楽しそう
    この手のキャンプって男なら誰でも一度は憧れるよね
    今度も俺もやってみる!

    • 工藤 より:

      ヘソッチさん
      コメントありがとうございます。
      私も憧れから始め、今ではブッシュキャンプの虜になっています。
      とっても楽しいので、ぜひやってみてください!

  2. トミー より:

    ウルフピーってはじめて聞きましたが、クマも狼の縄張りには入らないんですか?
    興味あるなぁ。

    • 工藤 より:

      トミーさん
      コメントありがとうございます。
      私も今回はじめて“ウルフピー”を使ったので、私個人としては効果があるのか検証できていません。
      しかし、使うにあたっていろいろ調べた結果、クマやイノシシ、カモシカ、サルなどの害獣に効果があり、
      狼は多くの動物の捕食者(天敵)であり、その狼の臭いに近づかない動物の習性を利用しています。
      本物のオオカミの尿を100%使っているからこそ絶大な効果があるようですね。
      ただ、欠点としては雨や雪などの影響で効果が薄まりやすく、とっても高額だということです。

      興味ありましたら是非、使ってみてください!すごい臭いがしますよ!

ページトップに戻る